Just another WordPress site

仮想通貨の仕組みとは?難しい仕組みを簡単に解説!

仮想通貨の仕組みとは?難しい仕組みを簡単に解説!

いまさら聞けない仮想通貨の仕組みを徹底解説!

「今流行りの仮想通貨を欲しい!!」

「儲かるって聞いたからやってみたい!!」

と思っても知識がないから危なそうと思っているあなた。誰でも新しいことを始めるのは怖いことなので心配する必要はありません。私自身も最初に買おうとしたときは何をしていいのかわからなかったのでよくわかります

しかし、知らないということで諦めてしまうのはもったいないですよね。そこで今回、管理人が、今までのお金の流れを一変する可能性のある仮想通貨の仕組みや、メリットやデメリットを紹介し、その悩みを解消していきます。

初めて買うときに知っておいたほうが良い知識からおススメの通貨まで解説しますので、こちらをご覧頂ければ、初めてのあなたも仕組みを理解し仮想通貨をお分かり頂けると思います!

それでは初めに、知っておきたい仮想通貨の基本にについて説明していきます!。

世界を大きく変える仮想通貨!その仕組みは?

まず、仮想通貨には「仮想」というだけに、円やドルのような法定通貨のように、紙幣や硬貨は存在しません。

すべてインターネット上で完結する通貨なのです。

多くの仮想通貨に導入されているブロックチェーンという仕組みによって、仮想通貨にいろいろな機能を加えています。

ブロックチェーンというのは、簡単に言うと、自動的にインターネット上に取引が記録され、かつセキュリティが非常に強固な仕組みをもつシステムです。

また、仮想通貨はその他にも世の中の仕組みを大きく変え、私たちの生活を便利にしてくれる特徴をいくつか持っており、革新的な通貨と言えます。

最近ではカフェやネットショップなどで利用できる店舗も出てきており、電気料金の支払いまでもが今後できるようになるようになります。今後仮想通貨の使用用途はどんどん増えていくことは間違いないと思います。

では、そんな仮想通貨のメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います!

<仮想通貨のメリットとデメリット

先ほど、ご説明したように仮想通貨にはメリットがいくつかあります。これからまだまだ使用用途は増えていくと思いますが、現在考えられていることについてまとめました。

また、一方でデメリットはないのかについて気になる方もいらっしゃると思いますので、仮想通貨のメリット・デメリットを一緒に見ていきましょう!

メリット

送金手数料が安い

まず、仮想通貨は送金手数料が非常に安いというメリットがあります。

特に、海外送金をする際は、複数の金融機関を通す必要があるため、多額の手数料がかかります。それが仮想通貨の仕組みを利用すれば、非常に安い手数料で海外送金をすることができるようになるのです。

例えば、現在海外送金手数料は、安くとも数千円かかるのですが、仮想通貨の仕組みであれば、数十円の手数料しかかからないのです。

海外送金システムを一変させようとしているのが、仮想通貨時価総額ランキング第3位の(2017年10月7日現在)「リップル」です。

国境の壁がない

もう一つの仮想通貨のメリットは、国境の壁がないということです。
これにより、国際間ビジネスが非常にスムーズになる仕組みができます。

仮想通貨が世界中に普及することになれば、国家間で通貨の違いがないため、換金や為替レートに関する問題が解消されることになります。

例えば、自動車メーカーのような輸出企業であれば、少し円高になっただけ大きな損失を被ることになったりします。極端な話をすると、法定通貨の仕組みが仮想通貨の仕組みにすべて置き換われば、そのようなことがなくなります。

仮想通貨であればいつでも売買、送金可

現在の銀行の仕組みであれば、昼の3時までしか送金ができませんよね。

昼間働いている方であれば、不便に感じることが多いのではないでしょうか?

それば、仮想通貨の仕組みであれば、24時間送金、売買できます。

非常便利ですね!

では、そんな仮想通貨のデメリットはないのでしょうか?

一緒に見ていきましょう!

デメリット

ボラティリティが大きい

ボラティリティが大きいとは、価格変動が大きいということです。仮想通貨の中で最も時価総額、取引高が大きいビットコインですら、一日に5%以上価格変動が起こることが頻繁にあります。

日によって、物の値段が5%高くなったり、安くなったりするようなものですから、通貨として仮想通貨はまだ使いづらいですよね。

今後、さらに取引高が大きくなり、価格変動が小さくなってくれば、通貨として利用されやすくなるでしょう!

利用可能店舗数が少ない

最近、ビットコイン中心に仮想通貨を決済に利用できる店舗数が増えてきたとはいえ、まだまだ、日常的に使うというという仕組みは整っていません

これも、今後さらに店舗数が増えてくると思いますが、今のところ仮想通貨だけで日常生活すべての支払いをするということはできませんね

ここまで仮想通貨の仕組みや、メリット・デメリットを説明してきました!

仮想通貨について知っていただけましたでしょうか?

こんな魅力の多い仮想通貨ですが、今のところ、実際に通貨として使用するために購入する人よりも、投資対象として購入する人の方が圧倒的に多いです。

そこで、気になっている、投資対象として魅力的な仮想通貨について見ていきたいと思います!

おすすめの通貨をご紹介

2017年に入り、仮想通貨は大きな値上がりをしました。多くの仮想通貨が10倍20倍となる通貨も珍しくなく、どんな仮想通貨を持っていても大きな利益を得られる状態でした。

ただ、仮想通貨のそのような状況は既に変化し、価値がないと判断された仮想通貨の価格は下落しています

とりあえず仮想通貨を買っておけば利益が出る時期は終わり本当に価値がある仮想通貨に投資しなければ利益が出なくなりました。

ただ、どんな仮想通貨に投資したらよいかわからない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は管理人が投資するのにおすすめの仮想通貨をご紹介したいと思います!

ビットコイン

他の仮想通貨は知らないけど、ビットコインなら聞いたことがあるという方は、多いかと思います。

ビットコインは、世界で一番最初に作られた仮想通貨であり、現在は時価総額が最も大きい仮想通貨です。

ビットコインは、ビックカメラで既に支払いに利用可能であり、これからさらに利用店舗数が増えていくでしょう。

イーサリアム

イーサリアムは、時価総額第二位の想通貨で、スマートコントラクトという仕組みを持っているのが特徴です。

スマートコントラクトとは、「誰が誰にいくら送金したか」という取引記録だけでなく、取引の契約内容の保存と契約の実行を自動的に行ってくれる仕組みのことを言います。

例えば、めんどくさい不動産売買にイーサリアムを利用すれば、紙の契約書や複雑な手続きが不要になると言われています。

国境を越えて様々な通貨と簡単な決済可能なリップル

リップルは、海外送金の仕組み全体のことを言います。その仕組みの中で使われている仮想通貨がXRPです。

これにより、現在、海外送金にかかる手数料が安く、時間が短くなります。

みずほファイナンシャルグループやSBIホールディングスが共同して実験を行ったというのも有名な話です。

日本の大手企業がかかわっているということを考えると、信頼感がありますね。

第2のビットコイン「ライトコイン」

ビットコインの最大のデメリットは、決算までに時間がかかることでした。
それを改善したのが、高速で取引の決済ができるライトコインです。

キャッシュレスの時代

近年グローバル化が進み街中でも大勢の外国人を見かけるようになりましたが欧米での現金使用率が日本に比べていかに低いかは聞いたことがあるかもしれないが日本ではいまだに現金を多様する文化が残っていて、さらにそれは地方に行けばなおさら高まります。

逆にクレジットカード文化がないということは、仮想通貨支払いが普及するチャンスです。

キャッシュレス文化に進んでいく中で、クレジットカード文化を経ずに、一足飛びに仮想通貨が普及する可能性もあります。

今回ご紹介したような仮想通貨の仕組みが世の中に広く認められ、仮想通貨がさまざまなところで使われるようになった後の世界は、どんな世界なのでしょうか?

今後の仮想通貨のながれには注目していきましょう!

こちらでは、仮想通貨を始めるにあたってどの取引所がおすすめなのかについて比較している記事もありますので興味がある方はこちらもチェックしてみてくださいね!

>>知っておきたいおすすめ取引所の比較やランキングはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin