Just another WordPress site

仮想通貨を扱う取引所を徹底比較!海外も含めたランキングや手数料も解説

仮想通貨取引所比較.com

どこがおすすめ?知っておきたい仮想通貨の取引所を比較

ようこそ仮想通貨取引所比較.comへ!

当サイトでは、今話題の仮想通貨を購入・取引できる取引所について徹底比較しています。国内・海外含めて数えきれないほどある取引所を、手数料や仮想通貨の種類といった様々な項目で比較し、中には筆者独自の目線で紹介するランキングもあります!

「どの取引所が良いんだろう…」

「おすすめの取引所はどこ?」

また当サイトはこのような悩みをお持ちの方、特にこれから仮想通貨を始めようと考えている方や、どの取引所が良いのか知りたい方を対象にした仮想通貨取引所の比較サイトとなっています。

まず取引所ってなに?という疑問から、項目ごとの比較、そしてランキングまで全て網羅されているので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

そもそも仮想通貨を扱う取引所とは?

まず初めに、仮想通貨を購入・交換できる「取引所」とはそもそも何なのかについて見ていきましょう。

取引所というのは、わかりやすく言えば仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」のニーズをマッチングさせる場所で、マッチング時の手数料を利益としています。

元々一対一での取引から始まった仮想通貨は、「売り手」と「買い手」を見つけるのが難しく、取引がなかなか決まらないという現象が起きていました。しかしそこで誕生したのが取引所です。

つまり「仮想通貨の売り手と買い手をマッチングさせる代わりに手数料を頂戴ね」という仕組みで取引所は成り立っているわけです。

取引所について大まかに解説してきましたが、実は取引所には「販売所」というのもあるのです。そこで次に販売所についても紹介していきます。

販売所とは?

販売所というのは、その取引所が保有している仮想通貨を購入できるところです。

売り手と買い手ではなく、単純にその取引所が持っている仮想通貨を購入することができるので、売り手がいなくてもすぐ購入できるのがメリットです。

一方デメリットは手数料が高くつくという点です。ですので、仮想通貨を安く手に入れるなら「取引所」、すぐに購入したい方は「販売所」という使い分けをしたら良いかもしれませんね。

手数料などの取引所を選ぶ際の比較ポイントを紹介

ここでは、実際に仮想通貨の取引所を選ぶ際に知っておきたい3つのポイントについて紹介していきます。

何を重要視するかによって異なりますが、ここでは一般的に比較するなら知っておきたいという基本的な項目を紹介していますので見ていきましょう!

手数料で比較

まず比較したいのが、気になっている方も多い「手数料」です。

取引所の利用には入金手数料や売買手数料といった様々な手数料がかかります。入金や取引に高い手数料を取られるなんて嫌ですよね?そこでここでは、国内の人気取引所の手数料を表で徹底比較してみました!

取引所仮想通貨の売買手数料入金手数料 日本円出金手数料
ビットフライヤー0.01%~0.15%215円~216円~756円
コインチェック無料400円400円
Zaif-0.01%350円350円~756円
Bitbank0.05%540円540円~756円
BITPOINT無料本人負担本人負担
BTCBOX0.2%400円~最低400円
みんなのビットコイン無料500円 500円
QUOINE0.25% 無料本人負担
フィスコ取引所無料本人負担50万円以下:350円
50万円以上:756円
GMOコイン無料無料無料
Poloniexメイカー:0.02%~0.15%
テイカー:0.05%~0.25%
無料(最低5,000円)
Krakenメイカー:0.02%~0.16%
テイカー:0.1%~0.26%
無料(最低5,000円)300円
Bitfinexメイカー:0.02%~0.1%
テイカー:0.1%~0.2%
無料 300円
Bittrex0.25%無料

取引所によって手数料は様々ですが、中でもZaifは手数料がマイナスとなっており、取引するほどお得になる取引所だと言えますね。ここで知っておきたい「メイカー手数料」や「テイカー手数料」について紹介していきます。

メイカー(Maker)手数料というのは、注文が新規で板(気配値)に並び、それが約定した際に発生する手数料のことをいいます。一方のテイカー(Taker)手数料は、板(気配値)に並んでいる既存の注文で約定した際の手数料になります。

ちょっと難しいですが、簡単に言えば「メイカーは新規で板に並べた注文にかかる手数料」、「テイカーは板に元々並んでいる注文にかかる手数料」と把握していただければいいと思います。

取り扱い仮想通貨で比較

次に各取引所で扱っている仮想通貨の種類で比較していこうと思います。

ビットコインはほとんど全ての取引所で扱っていますが、それ以外のアルトコインは取引所によって異なります。ここでは各仮想通貨取引所が何種類くらい扱っているのか見てみましょう。

取引所種類
ビットフライヤー5種類
コインチェック14種類
Zaif4種類
Bitbank6種類
BITPOINT3種類
BTCBOX4種類
みんなのビットコイン3種類
QUOINE2種類
フィスコ取引所2種類
GMOコイン3種類
Poloniex80種類以上
Kraken10種類
Bitfinex12種類
Bittrex270種類以上

最大の取引所と言われているBittrexは188種類あり、様々な仮想通貨で取引できると言えますね。一方国内の取引所で最も多いのは14種類扱っているコインチェックになります。

いずれもビットコインは扱っていますが、国内で他の仮想通貨の取引をしたい方はビットフライヤーやコインチェックで始めてみるのが良いかもしれませんね。

資本金で比較

最後に各取引所が抱えている資本金で比較していきます。

資本金が多いということは、万が一取引所が破綻してしまっても最低限顧客の資金分が賄えるということにもなります。逆に資本金が非常に少ない取引所は安全面がやや不安定だと言えます。

ここでは安全面を判断する1つの基準である資本金を比較していこうと思います。

取引所資本金
ビットフライヤー41億238万円
コインチェック9,200万円
Zaif8億3,013万円
Bitbank11億3,100万円
BITPOINT4億3,000万円
BTCBOX1億6,000万円
みんなのビットコイン1,500万円
QUOINE20億円
フィスコ取引所5,150万円
GMOコイン17億5,800万円
Poloniex
Kraken500万ドル(約5億6,000万円)
Bitfinex
Bittrex

世界の大手取引所と比較してもビットフライヤーの資本金41億円は圧倒的ですね。ビットフライヤーのように資本金が多いということは、万が一の場合でも迅速に対応することができるということですので初めての方でも安心して仮想通貨の取引が出来ますね!

さて、ここまで人気仮想通貨取引所を3つの項目で比較してきましたが、いかがでしょうか?

次に日本の取引所と海外の取引所の特徴や魅力を、それぞれ紹介していこうと思います!

国内のおすすめ取引所一覧

まずは日本で人気の高い仮想通貨取引所として、こちらの取引所を厳選して紹介していきます。

・ビットフライヤー
・コインチェック
・Zaif
・Bitbank
・BITPOINT
・BTCBOX
・みんなのビットコイン
・QUOINE
・フィスコ取引所
・GMOコイン

ではまず国内でも随一の人気を誇るビットフライヤーから見ていきましょう!

ビットコイン取引量世界No.1の「ビットフライヤー」

ビットフライヤー(bitFlyer)
設立 2014年1月9日
資本金 41億238万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大15倍
信用取引:最大15倍

2014年に設立されたビットフライヤーは、国内利用者数No.1、そしてビットコイン取引量世界No.1となっています。最近では女優の成海璃子さんを起用したCMが国内でも多く流れているかと思います。

なんといってもビットフライヤーの特徴は、豊富な資本金でしょう。他の仮想通貨取引所と比べても圧倒的に高いビットフライヤーの資本金はなんと41億円以上。

安全性も高く、利用者も多いのでおすすめの取引所だと言えますね!

取り扱い仮想通貨が多い「コインチェック」

コインチェック(coincheck)
設立 2014年8月
資本金 9,200万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:-
信用取引:最大5倍

2014年に設立されたコインチェックは、国内で最も多い14種類の仮想通貨を扱っているのが大きな特徴となっています。

ビットコインやイーサリアム、リップルといった人気の仮想通貨だけではなく、ZcashやDASH、Moneroといったコインチェックしか扱っていない仮想通貨も多く揃えてあります。

ビットコイン以外の仮想通貨で取引を行いたい方はコインチェックがピッタリですね。

独自のサービスを提供する「Zaif(ザイフ)」

Zaif
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大25倍
信用取引:最大7.7倍

Zaifは、国内の取引所の中でも独自のサービスを多く提供しているとして注目を集めています。

中でも手数料がマイナスに設定されていることは利用者にとっても非常にありがたく、取引するたびに手数料分がプレゼントされるということになりますね!

他にも仮想通貨の取引に自信がない方用に、仮想通貨の積み立てサービスも行っているので、初心者の方やお得に始めたい方はZaifが良いかもしれませんね。

2つの取引所がある「Bitbank(ビットバンク)」

Bitbank
設立 2014年5月
資本金 11億3,100万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大20倍
信用取引:最大20倍

Bitbankには2つの取引所があり、「Bitbank trade(ビットバンクトレード)」と「Bitbank cc(ビットバンク cc)」があります。Bitbank tradeはレバレッジを使ったビットコインFXトレードをメインとした取引所になります。

一方Bitbank ccは一般的な取引所としてビットコインやイーサリアムの取引が可能となっています。

最大20倍のレバレッジを使って資産を大きくしたい方はBitbankでの取引をおすすめします!

2つの取引所がある「BITPOINT(ビットポイント)」

BITPOINT
設立 2016年3月3日
資本金 4億3,000万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大25倍
信用取引:-

割と最近できた仮想通貨取引所「BITPOINT」は、ほとんど全ての手数料がほとんど無料となっています。手数料を気にする人やお得に取引したい方にはおすすめですね。

他にもBITPOINTはビットコインFXで利用できるツール「MT4」に対応しています。MT4はFXの世界でも最も人気があるツールで、とにかく操作性が高く、使いやすいというのが大きな特徴になります。

ビットコインFXに興味がある方はBITPOINTのMT4でトレードしてみてはいかがでしょうか?

見やすいアプリも配信している「BTCBOX」

BTCBOX
設立 2015年3月6日
資本金 1億6,000万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大5倍
信用取引:-

2015年に設立されたBTCBOXは、高いセキュリティと見やすいアプリを配信しているということで人気があります。

2014年に破綻したMtGOX(マウント・ゴッグス)の教訓を生かし、顧客の資金は完全オフラインウォレットで管理し、世界で最も高いセキュリティを誇るSSLサーバー証明を採用しています。

また、チャートや価格の変動が一目で見られる独自のアプリも配信しているBTCBOXは利便性が高く、安全性が高い取引所だと言えますね!

独自のFXツールを提供している「みんなのビットコイン」

みんなのビットコイン
設立 2016年12月15日
資本金 1,500万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大25倍
信用取引:最大25倍

昨年の2016年に設立されたみんなのビットコインは、取引所としても人気がある一方でビットコインFXの取引所としても人気があります。

ビットコインFXで利用できる独自のFXツール「BTトレーダー」は、毎秒約100万件もの注文が処理できるスピードを持ち、使いやすさも群を抜いています。

また比較的手数料も安いので、ビットコインFXをやってみたい方や単純に取引所として仮想通貨の売買を始めたい方はみんなのビットコインがおすすめです。

FXトレードに特化した「QUOINE(コイン)」

QUOINE
設立 2014年11月
資本金 20億円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大25倍
信用取引:最大25倍

QUOINEは、2014年に設立された仮想通貨取引所で、現在はビットコインとイーサリアムの2種類を扱っています。

そんなQUOINEはFXトレードに力を入れており、業界最狭スプレッドや22種類にも及ぶ通貨ペア数を誇り、また自分好みにカスタマイズできる使いやすいFXツールも提供しています。

資本金も国内の取引所の中では2番目に多い20億円となっていますので、ビットコインFXで大きく儲けたい方や万が一の場合が心配な方はピッタリですね!

取引手数料が安い「フィスコ取引所」

フィスコ取引所
設立 2016年4月12日
資本金 5,250万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:-
信用取引:-

昨年設立されたフィスコ取引所は、仮想通貨の取引手数料が非常に安いと評判があり、新興取引所にも関わらず高い人気を誇ります。

そんなフィスコ取引所はビットコイン以外にも日本初の仮想通貨「モナーコイン」も扱っており、最新の暗号化セキュリティシステムも採用しているので安全に仮想通貨の取引ができると言えますね。

大手インターネット企業GMOの仮想通貨取引所「GMOコイン」

GMOコイン
設立 2016年10月
資本金 17億5,800万円
取り扱い仮想通貨
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大25倍
信用取引:最大25倍

大手インターネット企業「GMOグループ」の仮想通貨部門にあたる「GMOコイン」は、その知名度と資金量から非常に高い安全性があると言えます。

またGMOグループが持っているFXトレードのノウハウを生かした「ビットレくん」という独自のFXツールも提供しています。取引所としての安全性も高く、FX業界で定評のあったFXツールが使えるGMOコインはFXトレーダーの方にもピッタリですね。

ここまで、日本国内で人気が高い仮想通貨取引所として10の取引所を一覧に紹介してきました。中でもやはりビットフライヤーやコインチェックは仮想通貨取引所としてのサービスも充実していると言えます。

では次に、気になる海外のおすすめ取引所についても見ていこうと思います!

海外で人気の取引所一覧

海外で人気のある大手取引所として、今回はこちらの取引所を詳しく紹介していきたいと思います。

・Poloniex
・Kraken
・Bitfinex
・Bittrex

聞いたことがない取引所もあるかと思いますので、1つずつ見ていきましょう。

世界最大手の取引所「Poloniex(ポロ二エックス)」

Poloniex
設立 2014年1月
資本金
所在地 Wilmington, DE, USA
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大2.5倍
信用取引:最大2.5倍

80種類以上の仮想通貨を扱っているPoloniexは、世界最大の取引所として注目を浴びていました。

少額での取引手数料はやや高いですが、大きな額の取引では非常に手数料が安く済むので様々な仮想通貨を大きく取引する場合はおすすめだと言えます!

ただ日本語に対応していないというデメリットもありますが、基本的な登録方法や取引方法は日本の仮想通貨取引所と同じなので大きな問題ではないでしょう。

日本語にも対応している取引所「Kraken(クラーケン)」

Kraken
設立 2011年7月28日
資本金 500万ドル(約5億6,000万円)
所在地 548 Market Street San Francisco, CA, USA
取引方法とレバレッジ 先物取引:最大5倍
信用取引:最大5倍

2011年に設立されたKrakenは長い歴史と実績で非常に人気がある取引所で、海外の中でも唯一日本語に対応している取引所でもあります。

日本円での入出金にも対応しており、ビットコインの取引シェアも世界の中でも上位に位置するので流動性が高い安定した取引が可能です。

海外の取引所で仮想通貨の取引がしてみたい方はまずKrakenで始めてみてはいかがでしょうか?

珍しい仮想通貨を扱っている「Bitfinex(ビットフィネックス)」

Bitfinex
設立 2013年
資本金
所在地 香港
取引方法とレバレッジ 先物取引:-
信用取引:最大3.3

2013年に香港の会社「iFinex. Inc」によって設立された仮想通貨取引所「Bitfinex」は、IOTA(アイオータ)やAventus(アヴェンタス)といった珍しい仮想通貨を扱っています。

手数料はやや高い傾向がありますが、珍しい仮想通貨を扱っている点と独自の見やすいアプリを配信しているので、いつでもどこでも仮想通貨の取引ができると言えますね。

ただ、Bitfinexは2015年と2016年に1回ずつハッキングの被害に遭っており、セキュリティに関しては少し注意したほうが良いかもしれません。

最近注目を浴びてきている大手取引所「Bittrex(ビットレックス)」

Bittrex
設立
資本金
所在地 6077 S. Ft. Apache Rd Suite 100 Las Vegas, USA
取引方法とレバレッジ 先物取引:-
信用取引:-

アメリカに本拠地を置くBittrexは、現在Poloniexを優に超える270種類前後の仮想通貨を扱っています。

おそらく最も多くの種類を扱っている仮想通貨取引所ですので、ビットコインやイーサリアム以外の、マイナーな仮想通貨で取引をしたい人にはピッタリだと言えますね。

Bittrexも日本語に対応していませんので、英語で口座開設をする必要がありますが手順は難しくないので興味がある方は是非チェックしてみて下さい。

ここでは海外のおすすめ取引所として4つの仮想通貨取引所を紹介してきましたが、日本語に対応していて使いやすいのはKrakenでしょう。

日本の取引所では扱っていない仮想通貨を購入したい方はKrakenの口座開設してみてはいかがでしょうか?

おすすめはどこ?筆者イチオシランキング

今回は仮想通貨のおすすめ取引所をいくつかの項目で比較、そして紹介してきました。

そこで最後に、筆者おすすめの取引所ランキングとして3つの取引所を紹介していこうと思います!今まで比較してきた内容も踏まえて決めていますので、興味がある方は参考にしていただけたらと思います。

ランキング第1位「ビットフライヤー」

おすすめ取引所ランキング第1位はビットフライヤーです!

比較でも見てきたように資本金が41億円となっており、利用者数が国内No.1、そしてビットコイン取引量は世界No.1となっている取引所です!

最近ではライトコイン、イーサリアムクラシック、そしてモナーコインの取り扱いも開始され、全部で6種類の仮想通貨を扱っている取引所となっています。またビットフライヤーはスマートフォン向けのアプリも配信しており、最近のアップデートによってかなり良い評判が集まっているそうです。

またビットフライヤーはビットコイン決済導入店舗ビッグカメラと提携を組み、日本で最初のビットコイン決済導入店舗になりました。今ではマルイやH.I.Sとも提携を組んでおり、日本にビットコイン決済を広めている取引所とも言えますね。

安全性が高く、世界的に評価されているビットフライヤーは是非登録しておきたい取引所だと言えます!

ランキング第2位「コインチェック」

おすすめ取引所ランキング第2位は、コインチェックです!

取り扱い仮想通貨の数が国内取引所の中でも一番多く、様々な種類の通貨で取引が出来るのが特徴です。他にもコインチェックは独自のアプリを配信しており、このアプリが非常に見やすいと評判があります。

他にもアップデートされて保有している仮想通貨の総資産をグラフで見られるようになったそうです。

他の仮想通貨と比較しても種類も多く、アプリが見やすいコインチェックは初心者の方やマイナーな仮想通貨を売買したい方にもピッタリですね!

ランキング第3位「Bittrex(ビットレックス)」

最後に紹介するおすすめ取引所ランキング第3位は、海外取引所の「Bittrex」です。

Bittrexは世界的にみても多くの仮想通貨を扱っており、メジャーなビットコインやイーサリアムから聞いたこともない仮想通貨まで豊富に扱っています。

新規で公開された仮想通貨をサポートする速度も速いので、安値の内に上昇しそうな仮想通貨が買えるというメリットもあります。

今まで人気が高かったPoloniexは相次ぐハッキングで信用を失い、現在はBittrexが世界でも高い人気を誇っているのです。

新しい仮想通貨を安値で購入したい方や色んな仮想通貨を買ってみたい方はBittrexで登録してみてはいかがでしょうか?

 
 

いかがでしたでしょうか?

ここまで筆者おすすめの仮想通貨取引所ランキングとして1位~3位まで紹介してきました。それぞれの取引所で異なる特徴があり、メリット・デメリットもそれぞれ違いますが、総合的に判断してこの3つが良いかなと思いました。

どの取引所で始めようか悩んでいる方は、ここで紹介したどれかで始めてみてはいかがでしょうか?